東京都行政書士会の登録証交付式に出席しました

2020年11月27日、渋谷駅から徒歩で15分ほどのところにある行政書士会館で開催された、登録証交付式に出席しました。

現地出席者は私を含め27名、リモートでの出席を含めると合計38名が出席しました。

行政書士会館玄関で地下の会場をご案内いただき、受付で必要書類を提出したあと、指定された席へ着席。

テーブルの上には、多くの研修資料とともに、すでに登録証が置かれていました。

行政書士登録証

定刻の午後1時から交付式が始まり、日本行政書士会連合会の常住会長、東京行政書士政治連盟の田崎会長からのご挨拶をいただき、代表の1名が実際に登録証を常住会長から授与される、という流れで1時45分に交付式は終了しました。

その後、4グループに分かれて順番に常住会長を中央にして、機関誌の行政書士とうきょうに掲載される記念撮影を行い、新入会員研修の開始です。

行政書士は、依頼者のプライバシーにかかわる事項を知りうる立場であり、その業務の遂行の際には高い倫理観をもってあたるべきことが要請されていますので、研修の中では、行政書士の倫理について、多くの時間が割かれていました。

すべての研修が終了したのは午後4時、その後事務所に戻って補足のビデオ研修を受けて、研修資料の整理を終えるころには午後7時となっていました。

これまでの経験をどう実務に生かしていこうか、あれこれ考えているとあっという間に事務所での時間が過ぎていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です