7月から東京都独自の支援給付金の申請が始まります。

対象者は?

都内に本社・本店のある中小企業等および都内に住所のある個人事業者等の方々です。

国の月次支援金を受けるには、今年4月以降の売上が2019年または2020年の同月と比較して50%以上減少していることが必要ですが、都の給付金は50%以上減少していない場合でも30%以上減少していれば、給付対象となる可能性があります。

※本サイトの記事は、一般の方でも理解しやすいように、なるべく専門用語を使わずに、短い文章で解説しているため、一部厳密性を欠く表現も含まれている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

※くわしい内容は、東京都のホームページをご参照ください。

給付額は?

中小法人でお酒の販売を業としている事業者は最大20万円/月、その他の事業者は最大10万円/月です。 また、個人事業主でお酒の販売を業としている事業者は最大10万円/月、その他の事業者は最大5万円/月です。

※東京都産業労働局のホームページより引用

申請のスケジュールは?

7月上旬に開設予定のポータルサイトで、受付期間や方法が明らかになる予定です。

当事務所でも必要に応じサポートさせていただきます。

お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です